投稿

Human Resources Director を急募。 人事担当者様へ転職案件のご案内。 ニューヨーク求人。アメリカ転職。

イメージ
非公開案件 Confidential Hire  日系企業で、Human Resources Director   を急募しています。  人事担当者様へのご案内。  年収10万ドル Depending upon experience Job Description   Director Human Resources & Administration Overview: Oversee entire human resources function for U.S.   Manage compensation for overseas offices.   Oversee administration functions for the New York Head Office. Supervise four direct reports. Ensure department objectives are being met.    Create and manage HR and Administration departmental and personnel budgets.   Ensure invoices are paid in a timely manner.    Educate and manage Assistant Manager, Sr. Administration Specialist, Sr. HR Specialist, and Receptionist. PAYROLL:   Review and process semi-monthly payroll.   Enter, review, and process monthly payroll.    COMPENSATION:   Recommend annual salary increase amount.   Identify candidates for promotions.   Calculate semi-annual bonuses.   PERFORMANCE MANAGEMENT:   Conduct semi-annual performance evaluations for the proper staff.   Advise managers

世の中のほとんどのことは他人が決めます。 仕事に関係ないですが、あの日から10年です。 アメリカ求人求職。ニューヨーク求人情報はマックスで。 

イメージ
小生が親しくさせていただいている社長の会社で、 ニューヨーク総領事館様の 3.11 追悼オンラインイベント  の編集をされたようですので、 ここにシェアをいたします。   https://youtu.be/i2o40fNPqNQ 弊社のウェブサイトと社内データ管理システムの完全リニューアルをこちらの会社でしていただきました。 10年前の3月11日は日本にいました。 当時、弊社の外国法人として、マックスコンサルティンググループインク東京オフィスを設立して、人材ビジネス事業部はPrivate Equity Fund のヘッドハンティングに特化していました。 当日は表参道のレストランでビジネスパートナー達とランチ会食をしていました。  会食が終わり、地下鉄表参道駅のプラットフォームに降りて電車を待っていた時に、 「地震が発生しました。」とアナウンスメントがあり、人が地上に向けて走り始めました。 地下鉄構内での揺れも崩れてしまうかと思うぐらいだったので、 只事ではないと悟り、地上に出た瞬間に走っていたタクシーを捕まえ、当時住んでいた港区のアパートに帰宅しニュースをみてびっくりしました。その時の詳細を語るのは控えます。 その10年前の2001年9月11日には人為的な物で一緒にすべきではないかも知れませんがSeptember 11が起きています。  そして今は一年ぐらい前に発表されたパンデミック禍で世界全体が混沌な状態です。  平和な日本とアメリカに住んでいた小生にとっては10年ごとに何かが大きなことが起きているような気がします。また小生は大きなイベントごとにはすぐ近くにいる傾向があります笑。  生きていると人災、天災に関わらず、自分の意思とは関係なく色んなことが起きます。何かが起きその度に強くなっていく気がします。 Government makes rules. Government enforces rules. Government changes rules.  今もマスクをしたくないと言っても、レギュレーションがあり場所によってはせざるを得ないです。 弊社のオフィスビルもマスクなしでは入れません。 メトロノース(郊外電車)内もマスクは着用義務があります。   Vaccine を受けたくないと言っても社会の流れで摂取せざるを得ない状態になってきたので、アポを取りました笑

ニューヨークの求人求職に全く関係ありませんが、取材協力した記事がニューヨーク便利帳に掲載されています。 

イメージ
ニューヨークの求人求職に全く関係ありませんが、 ニューヨーク便利帳 Vol.29 に ニューヨーク近郊のアウトドア、キャンプ、釣りについての情報提供をさせていただきました。   小生は1998年にカリフォルニア州に前職より赴任。 1990年にニューヨークに前職の時に駐在員として赴任しました。 1991年に起業し1994年に商号を現在のMAX Consulting Group, Inc. に変更しました。 弊社はニューヨークで最も歴史と実績のある人材紹介、人材派遣会社です。  以下は全く人材には関係ない趣味ブログです。  ニューヨークにきて、最初に購入した大きなものはボートでした。 1番の趣味としてはフライフィッシングですが、一年に数回ボートを出して数時間釣りを楽しみます。  現在は、Kensico Reservoir, Croton Falls Reservoir, West Branch Reservoir  の3つの Reservoir に手漕ぎボートを置いています。  1990年に$650で購入したボートは既に31年目を迎えましたが何の問題もなく使用できます。 ニューヨーク市近郊のReservoir でのボートは全て登録制です。モーターボートは禁止です。 Access Permit も必要ですので、DEP にチェックしてください。  Boating  https://www1.nyc.gov/site/dep/recreation/boating.page Fishing https://www1.nyc.gov/site/dep/recreation/fishing.page Fishing Regulationsが、 州によって異なるため アメリカで釣りをなさる場合は、その州のアウトドアの規則を よく理解してからされるのをお勧めします。  ニューヨーク州のサイトに詳しく釣り情報は出ています。 https://www.dec.ny.gov/outdoor/fishing.html 3月から既に今春の魚の放流が始まっています。ニューヨーク近郊での川では魚のリプロダクションはほとんどありません。毎年春にDepartment of Environmental Conservation が放流します。 https://www.dec.ny.gov/outdoor/3

パンデミックがスタートして一年。急激に求人案件が増えてきました。 アメリカ全土での求人求職、日本への帰国転職はお任せください。 

イメージ
アメリカのジョブマーケットは 2月に入ってから急激に活発になってきました。 毎日弊社の取引企業様からの案件が入ってきています。 弊社はニューヨークだけでなく他州での求人案件も取り扱っています。 急募案件は求人情報のセクションだけでなく、 弊社のウェブサイトのNews の部分にまとめて記載しております。  是非、チェックしてみてください。  パンデミック宣言がなされ約一年。人に 会いたくても会うのが困難な状況が続くなか思いだせば親にも会えない時代。早く終息するのを願っています。  以下、人材の仕事には全く関係ない投稿です。ご興味のある方だけお読みいただけると嬉しいです。  父親が他界してから、4年と3ヶ月が経ちました。 写真は若かりし頃の小生の両親です。  2016年12月、 父が 病床で意識不明になった頃、 こちらが一方的に喋って 父が目を開けて反応して 頷くことや少し手を動かせる程度の頃。 父に約束したことがあります。 父親が生前に気にしていた唯一のことは 長年連れ添った認知症を患っている母のことでした。  兵庫県姫路市の播州弁で、 「わしは先に逝けないんや。 お母さんがあんな風になってしもうたから、 わしが最後まで面倒見てやらないとあかん。 まだ死ねへんわ。」 (2021年2月現在、 母は一切処方箋も必要なく 何の疾患もなく たつの市の施設で暮らしています。) 死亡する数ヶ月前まで、 母が毎日施設の部屋の中の厠を汚すので 「毎日便器の掃除をしているんや。」 と、なんども父は語っていました。  「散々、ばあさんを苦しめたんだから、 そんだけバチが当たったんやし、 ありがたく便所掃除ぐらいしたれや。 」 と小生は伝えました。 「まあ、ばあちゃんが生きている間は しゃーないのう。ありがたいこっちゃ」 死ぬ寸前まで、 母のことを気になっていた父は、 残念ながら 病に倒れて 母より先に他界してしまいました。  小生が最後の元気な父親に会ったのが 2016年9月10日でした。 翌日、9月11日に 小生がオフロードモーターサイクルで、 兵庫県北部の氷ノ山の山道にて 不慮の事故で重傷を負い 姫路市中央病院にしばらく入院。 治療のためにニューヨークに戻りました。 右足の骨折靭帯損傷等のため歩行不可能になり アメリカで療養していたため、 父親に変化があると施設から聞いていま

常識はいつか通用しなくなる。 アメリカの求人求職はMAXにお任せください。

イメージ
以下、 人材紹介派遣には関係ありません。 太宰府天満宮に句碑として設置されている石碑に素敵な言葉があります。   太宰府天満宮のインスタグラムより。   「くすの木千年 さらに今年の若葉なり」 一年前の常識が通用しなくなった 今の時代を語るかのようです。   くすの木が 千年生きるのかどうかは知りませんが、 世界には樹齢数千年の樹木もあります。   落葉樹と知られる広葉樹は、 紅葉をし冬には葉っぱがなくなります。   そして春には若葉を芽吹かせます。   千年生きた樹木ですら 毎年新しい若葉をつけます。 若葉をつけなくなったら 樹木、植物は絶えます。 1 、生き続けるためには変化し続けること。   2 、過去の常識にとらわれず改善すること。   と、石碑(句碑)に秘められて いるような気がします。 過去の常識はいつか通用しなくなります。 90 年代に一世風靡した ポケットベルを 現在使っている人は誰もいません。 2 年前に入社した社員が 一年後にオフィスにあった ファックスをみて、 「これ何ですか。」 と言ったのが新鮮でした。笑 過去の常識であったファックスすら オフィスから姿を消しています。 ビジネスも人も植物と似ていて、 生き伸びるためには古い常識を捨て 新しい常識を適用し、 行動するのが 重要であると思います。 行動なしで達成できるものは ありません。   詩人、萩原井泉水が人々に伝えたかった もう一つの意味は年老いた人への メッセージでもあるように思います。 毎年新しく若葉をつける 樹木は 1000 年でも生き伸びます。 小生も高齢者の域に入ってきてますが、 新しく変化し続けることが、 現役でやっていけるとの暗示でしょうか。 くすの木千年 さらに今年の若葉なり アメリカの転職は、 www.maxjob.com