投稿

2020の投稿を表示しています

あなたの人生はあなたの思い通りになる。WE ARE WHAT WE CHOOSE TO BE. ニューヨークの求人求職はマックスで。Bilingual Japanese Recruitment 求人情報もマックスで。

イメージ
あなたの人生はあなたの思い通りになる。 WE ARE WHAT WE CHOOSE TO BE.   自分の人生をどのようにしたいのか。 この言葉はビジネスの師匠に いつも言われていました。  小生は日本の大学から、 1984年〜1985年の間、 交換留学生として ニューヨーク州立大学に 留学していました。  留学中に描いた アメリカのライフスタイルが 強烈に脳裏に焼き付き、 弱冠21歳の時に ニューヨークになんとかして 戻ってくると決意しました。 そして、行動してやってきました。 ニューヨークの人材紹介会社の ブログを読んでいただいてると いうことは、 アメリカに在住されている方が 多いと思います。  皆さんもアメリカ生活を 通して、なんらかの アメリカ人とのinteraction を持たれて 今に至っていると思います。 小生が大学を卒業した1985年でも 生家では汲み取り式厠でしたし、 お湯の出る水道の蛇口は ありませんでした。  留学生時代。 Rochesterの近くの大学にいましたが、 どんな片田舎に行っても、 アメリカ人は 自由に思いついた時に 熱いシャワーを浴びて、 水洗トイレで用を足していました。 日本の家では シャワーがないため、 お湯を沸かして 風呂にため、 順番にお湯を使っていました。 多分、都会ではそうではなかった と思いますが、、笑 この違いは一体なんなのだ。 と大きなカルチャーショックを受けました。 と同時に、 シャワーからお湯が出る ライフスタイルを描きました。  小生が幼少時には、 当時はまだ伝書鳩を飼っている家庭が ありました。 人は描いたものしか手に入りません。 同じものを見ても、 人それぞれ描き方が異なります。 小生の場合、 出会いに恵まれていたのだと 思います。  留学生時代に知り合った友人は、 現在は日本最大の マーケットリサーチ会社の牛田社長です。 牛田社長の言葉は学生時代から 小生の 考え方に影響を及ぼしていました。 教員採用試験を受けて 受かっていて教師になるはずの 小生を教職員への道ではなく、 ビジネスへの道へ導いたのです。 小生にとって、 アメリカは描くところでした。 人生は誰と出会って 何を描くかで行く先が異なります。 人との出会いと その人との関係によって、 大きく羽ばたくように導かれるか、 袋小路に追いやられる

すごいソーシャルディスタンスでした。 トップの判断と行動は重要です。 アメリカの求人求職、日本語バイリンガル転職はマックスで。

イメージ
仕事に全く関係ないブログもあげていきます。  先週の 朝の光景。 グランドセントラル駅、朝9時。 グランドセトラル駅構内にある Coffee shop にて珈琲買うのに、 このソーシャルディスタンス! 5メートルは空いていました。 二番目の人がスペースを空けると、 同じだけのスペースを次から次へと 後ろの人が空けていきました。笑 日本で珈琲買うのに、 朝のラッシュアワーに、 こんなにスペース空けたら ちょっと困りますよね。 「おたく並んではりますか?」と 声をかけたくなりますよね笑。  最初の一人が空けたら、 こうなりますが、 くっついていたら、 みんなくっついてしまうのですね。  群集心理。 これが哺乳類の特徴と言いますか、、、 翌日は、珈琲買う時、 隣に人がきて、、 後ろ見るとみんな1メートルも空けずに 並んでいました。 人種に関わらず、 先頭の人の真似をするのが 普通の人なのですね。  となると、 トップの人の責任は大きいです。 会社のトップの人の判断、行動が 追随する人に影響を与えると言っても 過言ではないかも知れません。  今のパンデミックの時期には 何かとイレギュラーなことがおきますが、 企業の中のトップのポジションは 責任があるのだと、 コーヒーを買う人をみて思いました。 転職をお考えの際は、 是非、弊社のリクルーターにご相談ください。 ウェブサイトのリニューアルは まもなく出来上がります。  もう少々お待ちください。 

人は制限を課されたら文句をいう。全てを失ったらプラスしかない。 ニューヨークの求人、バイリンガルの仕事はマックスで。

イメージ
たまには、 和食レストランで食べたい気持ちは ありますが、 インドアダイニングが 12月14日から、 禁止されている ニューヨーク市。 日本のニュース観ていて思いますが、 営業時間短縮で、 文句を言うレストランって、 本当に贅沢だなと思います。 ニューヨークのように、 強制閉鎖じゃないのに 前年度比7割でも終わるみたいに 話しているのが印象として残ります。 人は制限を課されたら、 文句をいうものなのですね。   ただ、 全てを失ったら あとは、プラスにしか なりません。 全てを失くす必要はないですが、 一度、全てをなくした と 思ったら、 全てプラスしかありません。 そして、そこにはプラス思考があります。 ありがたいことの連続です。 いまのニューヨーク、マンハッタンでは まともな和食のテイクアウトは、 40ドル以上かかります。  やってるところも 少なく、 やってても、 ニューヨークの和食レストランの (こんなことを言ったら怒られてしまいますが事実として) 最近は従業員の質も悪化し、 サービスは悪くなって来ていました。 ミッドタウンニューヨークのビジネス街では、 レストランビジネスは厳しいと見えます。 小生は、 相変わらず、 和食以外で、 ルーティンを組んでいます。 いつもツナサラダしか食べないのに、 グランドセントラル駅のお隣、 Lexington Avenue と43丁目の Bagel market が最近お気に入りです。 今回は ローマサンドイッチを試してみました。 どこがローマなのか知らないですが、 グリルドチキン、トマト、スイスチーズ、 ベーコン、レタス、をバゲット🥖に、 挟んだサンドイッチ。 これはとても美味しかったです。 弊社は、 レストランビジネスとの取引もありますが、 様々な業種の企業様との取引があるおかげで、 サバイブできているのも現状です。 現在でも活発に採用をされている 業種もあります。 最近の傾向としては、 年収ベースにして、70K以上、 中には150Kを超えるポジションも 動いています。  転職をお考えの際は、 是非、弊社のリクルーターにご相談ください。 ウェブサイトのリニューアルは まもなく出来上がります。  もう少々お待ちください。  グランドセントラル駅は、 ホリデーモードのイルミネーション。 来年まであと少しです。 今年を乗り切